Essay in Idleness

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
坊主が走る
師走です。
なんでも、師匠の僧があちこちの家でお経をあげるため趨走するので「師走」というとかなんとか・・・。

最近は1年が短いなぁなどと切に感じますが、この師匠も走り廻るという忙しい年の瀬、じっくりと足元を見ながらユルリと歩くことを考えるのも、一興かと。
スポンサーサイト
| 日記 | 05:18 | トラックバック:0コメント:1
一人の大人同士として
友達のやっているバーが清澄白河にあるというので、なかば強引に・・・妹に連れられて・・・。
店に入るとカウンターからごく自然に声をかけられ、店の客からも声がかかる。恥ずかしながらも、自分の知らない彼女(妹)の姿にちょっと戸惑ってしまいました。

美味い飯屋の話から始まって、映画の話、ちょっと仕事の話、「ここのヒヨコ豆のバターライスは私がおいてくれって頼んだメニューなんだ」、「後ろの人は●●自転車のバイトの人で、今度正社員になる(カスタムメイドで自転車を組み立ててくれるサイクル屋さんで、その店の前を通るたびにいいなぁとは思っていたのでした)」といった、彼女の何気ない日常の話。
なんだかとても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

今までも何度か感じてはいたのですが、今日は特に、一人の大人同士として話が出来るようになったんだなぁ、とシミジミと思った次第です。そりゃ、歳もとるわけだ。

「おにいちゃんよろしくね」と奢らせるところはちゃっかりしていますが・・・。
| 日記 | 01:55 | トラックバック:0コメント:0
森伊蔵
人気芋焼酎「森伊蔵」。

昨日のある深夜番組での森伊蔵酒造、森覚志さんの言葉。

「わたしたちは2000円だか2500円の焼酎を作っているんです。1000円の焼酎は作っていない。でも2万円とか3万円の焼酎も作ってないんです。2万円とか3万円で売られているのは、それはよくない」

確かこんな感じだったと思う。
過小評価も、もちろん過大評価も必要ない。
いや、多分他人の評価自体あまり関係ないのだろう。

自分達のつくったモノに対する自負と責任。
それが言わせたのだと思う。
mori_izou.jpg

| 日記 | 01:00 | トラックバック:0コメント:0
2005年自転車の旅
時間がない。

「人目も多いし、問題ないだろう」

僕は、バス停のちょっと横、膝の高さ程のレンガの植え込みの前でブレーキを掛け、鍵を掛けずに自転車を降り、その足で銀行のATMへ向かった。
銀行の自動扉の前で、何か引っかかる感じがしたので、足を止める。
そして今来た方向に振り返り、自分の自転車に目を向けた。
「まぁ、大丈夫だろう」


数分後、現金を降ろし銀行の自動扉を抜ける。
しかし数分前に自転車を置いた植え込みの方を確認すれど、見当たらない。
数秒、狐につままれたように棒立ちになり、ふと我に帰り周りを見渡す。
「やられたぁ」
つい、そう口走ってしまった。


「他にもあるのに何で俺のが。それにしても世の中には悪いやつがいるもんだ・・・」と自分の不注意は棚に上げて、ちょっと人間不信になりながら、交番へ向かう。

こっちが悪いことをしたわけでもないので、何だか交番にいる警官に話かけるというのは、ちょっとどぎまぎしてしまう。
「あのぅ、今さっき自転車を獲られたようなんですが・・・」



数週間後、1通のハガキが届く。
ここは江東区木場。
消印は池袋。
撤去自転車等保管通知書。
「おいおい、池袋かよ・・・」
追い討ちをかけるような一文が目に入る。

返還に必要なもの
●自転車等の鍵
●通知書(このハガキ)
●返還費用(自転車5千円)

おいおい、5千円って・・・。
どうするか・・・。
| 日記 | 05:00 | トラックバック:0コメント:0
今ここにいるぼくらは
「これは、いつか、の話なんだ。
いつかきみが出会うものと、ぼくがこれまでに出会ったもの。それらは、つながっているような気がする。すべての川を束ねる海まで下らなくても、ぼくたちは同じ水脈の中にいるんだからね。
だから、ぼくはお節介にもきみに囁きかけるんだよ。
ぼくたちは一人ぼっちだ。それも悪くない。」


20年前のぼく。

10年前のぼく。

今となっては、それぞれがカタチのしっかりしないカタマリとして記憶の奥深いところにひっそりと仕舞われていて、何かしらのきっかけでもないと、それが本当にあった事なのかさえも思い出すことができない。

この言葉たちとの出会い。
君達との出会い。
こんなかけがえのない出会いも、もしかしたら彼等と同じように、いつしかカタチのしっかりしないカタマリとなってしまうのかもしれない。
でも、それで良いのかもと思う。

そんな出会いたちが、今のぼくをかたち作り、かたどっている。
そしてこれかも、きっとずっとそうなんだと思う。
彼等は僕であって、僕は彼等なんだ。

それを知っていれば、一人ぼっちも怖くはない。
imakoko.jpg
著者:川端 裕人
| 読書 | 03:53 | トラックバック:1コメント:1
| ホーム | 次ページ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

k@z
k@z
某会社勤務の31歳。
最近はエドワード・ノートンに夢中。
ただし実物はエドワード・ノートンに似てもにつかわない。元ユニコーンのEBIに似ているらしい。
RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • (11/10)
  • chiekoa (11/22)
  • k@z (11/10)
  • えみ丸 (11/07)
  • k@z (11/07)
  • Julia (11/06)
  • えみ丸 (11/06)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。