Essay in Idleness

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
待合室にて
ちょっと風邪を引きました。
喉が痛かったので、近所の総合病院へ。
待合室でちょっと昔のことを思い出す。


子供の頃、僕の家の周りには大きな総合病院なんてモノはなく、そのかわりに伊藤医院という70歳を越えたおじいちゃんとその奥さん二人でやっている小さな診療所がありました。
伊藤先生はまさに絵に描いたようなお医者さんで、顎からはサンタのような白い髭が伸び、首からは聴診器、そして真っ白な白衣を羽織っていました。

伊藤医院とかかれたドアを開け、キシキシと軋む木の長椅子に母親と私が座ると、あと一人座ろうものなら待合室は大混雑でした。待合室には小窓があったのですが、その向こうは薬の調合部屋になっていて、天井からは裸電球がぶる下がり、棚には所狭しと薬の入った缶やビンが並べられていました。裸電球の明かりに照らされ、棚に並んだ缶やビンがなんだか凄い宝物のように見えて、その小窓からそれらのモノたちを眺めるのがとても好きでした。

「○○さんどうぞ」という声に促されて診察室に入ると、まず目に入るのは(当時の)自分の身長にもなるような大きな柱時計。そして水の張られた白いアルミ製の洗面器。ちょっと緊張の面持ちで僕は先生の前にある背の低い椅子に座ります。先生はにこやかに話し掛けます。
「今日はどうしたのかな?」


僕が小学校4、5年生くらいの時に先生は体の調子を崩してしまい、診療所は休業となってしまいました。それからほどなくして診療所は取り壊されることとなったのですが、待合室から眺めたあの光景と伊藤先生の姿は今も鮮明に僕の心に残っています。
スポンサーサイト
| 日記 | 06:09 | トラックバック:0コメント:0
時間を切り取る(佐藤雅彦研究室展)
ギンザ・グラフィック・ギャラリーで行われている「佐藤雅彦研究室展 課題とその解答」に行ってきました。
佐藤雅彦さんといえばNHKの「ピタゴラスイッチ」や毎日新聞での「日本のスイッチ」、CMでは「バザールでござーる」や「ポリンキー」などで有名な方です。
最初は「ピタゴラスイッチ」の展示が目的だったのですが、展示されている作品の発想、佐藤さん風に言えば「考え方が生む表現」には本当に感心させられました。
その中でも特に印象に残ったのは「時間の積層」という展示でした。時を切り取り2次元の世界に落とし込む「写真」という表現方法の中に、「時間」というもう一つのファクターを付加する。写真は時と場所を切り取るものとしか認識していなかった私にはない発想(陸上競技や競馬の写真判定でよく目にはしていたのですが、この展示に出会うまではそんなことを考えたことはなく、自分の発想の未熟さを痛感しました。この表現方法はポーランドの映像作家リプチンスキーの「The Fourth Dimension」という作品を参考にしたものらしいのですが、そのリプチンスキーの映像作品が8/25日に発売されるらしいのでちょっと購入してみようかと考え中です)。
「四角い頭をまるくする」には良いとおもうので、機会があったら是非足を運んでみてください。

sato_labo.jpg

ギンザ・グラフィック・ギャラリー
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
リプチンスキー
http://www.imageforum.co.jp/zbig/
| 日記 | 02:14 | トラックバック:2コメント:2
コーチ
四十三歳になったいま振り返ると、十二歳というのは“年齢”より“病気”に近いような気がする。さいわい、そのころのことはあまり覚えていない。出会った人たちや起こった出来事は思い出せるけれど、自分がいったいどんな気持ちですごしていたのか、ほとんど記憶にない。
 ただし、例外もある。ごく一部の人物や経験にまつわる感情は、時がすぎても色あせずに残っている。
(「コーチ」より引用)

もう20年近く前の話。
タータンのゴムチップが太陽から容赦なく降り注ぐ日差しで溶けて発する、あの鼻をつく独特のニオイ。なぜ走るのか?そんなことを考える余裕もなくひたすら前を走る先輩達を追いかけていた・・・。
 あの夏のニオイは、きっと僕が死ぬまで忘れることはないと思う。

coach.jpg

著:マイケル・ルイス
| 読書 | 03:40 | トラックバック:0コメント:2
神輿(深川水掛祭り)
生まれは江戸の下町、木材の街「木場」

今は多くが新木場へ移転してしまいましたが、僕が小さい頃には近所にいくつもの材木屋さんがありました。切り落としたあまりの木で竹馬を作ってもらったり、木を刳り貫いて臼を作って餅つきをしたり、大鋸屑を集めて遊んだり、ホント楽しい思い出がいっぱいです。
近くの川には大きな木が何本も浮いていて、友人の親父さんがその上を軽快に歩いているのをよく目にしました。

そんな光景も20年以上前の話。

でもこの時期、特に3年に1度の本祭りの時はちょっと木材の街に戻った気がします。
足袋を履き、背中に町名のかかれたハッピを纏い、子供達は山車を引き、大人達は神輿を担いで街を回ります。
本祭り(正式名は・・・知らない)は別名「水掛祭り」と呼ばれていて、神輿に水をかけるのが特徴です。

この本祭りは、
「神輿深川、山車神田、だだっ広いのが山王様」
と昔から狂歌にも詠われていて江戸3大祭りの一つとしても有名です。有名な三社祭りを深川の変わりに入れることもありますが、ここは地元びいきということで・・・。

家の前には水をはったポリバケツ(祭りの後には古いポリバケツは捨てられて、各家庭にはピカピカのゴミ箱が出現します)が並べられ、神輿がくるとバケツで水を掬い掛けまくります(もちろん祭りの後、各家庭にはピカピカのバケツが・・・)。
どんなに街並みが変わってもこの光景は変わりません。なんだかスウッと子供の頃に戻れた気がして、何とも言えないうれしい気分になります。

本祭りのお勧めスポットは永代通りの消防署前と門前仲町交差点、もちろん八幡様前も。
12時ごろには新川を出発するので、一の宮を見たいかたは正午位には場所獲りもかねて門前仲町についていたほうが良いかと思います。

maturi2.jpg

富岡八幡宮ホームページ
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/maturih1.html
| 日記 | 04:19 | トラックバック:2コメント:3
ガタカ
近未来、人は遺伝子によって差別される。
遺伝子操作によって良質のDNAを持つ「適正者」とDNAに欠陥を持つ「不適正者」。
生まれてすぐに寿命を宣告され、DNAの塩基の並びによって決められてしまう人生。

「不適正者」ビンセントは、DNAブローカーの仲介で「適正者」ジェロームと出会う。彼はジェロームの体(DANデータ)を借り、夢であった宇宙飛行士を目指し、宇宙開発機構GATTACAを目指す。


「神の子」
今の世界では特別な才能を与えられた本当に一部の人間を畏敬の念を込めてそう呼んでいる。
しかし、この物語の中では才能を与えられ選ばれて生まれたはずの「適正者」ではなく、自然出産で生まれDNAに欠陥を持つ「不適正者」が「神の子」と呼ばれている。

きっとこの世界の人達も分かっているのだろう。
どちらが本当に適正なのか。
どちらが本当は不適正なのか。

しかし社会は「適正者」を求めている。

だから自戒の念をこめて彼等を「神の子」(神に選ばれた子供)と呼んでいる。

gattaca.jpg

監督:アンドリュー・ニコル
出演:イーサン・ホーク
   ジュード・ロウ
   ユマ・サーマン
| 映画 | 10:31 | トラックバック:1コメント:0
陸上競技
僕は、中学校から大学卒業まで、10年以上の時間を陸上競技に費やした。いわゆる僕の青春という時代は陸上とともにあり、夏の日差しでタータンのゴムが溶けて発せられるあの特有のニオイは青春時代の象徴とも言えるものだ。
陸上を競技として打ち込んでいたのは中・高校の6年間で、大学では趣味の延長みたいな感じで陸上に接していたが、今までの人生でこれほど長く続けてきたものというのは、僕の中にはない。
多分性分に合っていたんだと思う。
自分の努力がタイムという疑いようのない結果として提示される。その単純さが良かった。
自己鍛錬と自己責任。
自分の行動は自分に必ず帰ってくる。
これが陸上競技から僕が学んだこと。


今行われている世界陸上で、為末が400Mハードル決勝に残った。エドモントンでメダルを獲った後、彼は色々な寄り道をしてここまでやってきた。逃げることなく、真摯な態度で向かい合ってきた。そんな為末を見てきた神様が、今日はちょっとだけ運を分けてくれた。
| 日記 | 05:42 | トラックバック:0コメント:0
アンドレア・ピルロ
2ヶ月間、長かった・・・。
欧州サッカーシーズン到来。
先駆けてフランス ディビジョン・アンが開幕。
そして今月末にはセリエA。
04-05シーズンはスクデットを逃し、CLではまさかの敗退。デュデクの不思議な踊りにやられたわけだが、今年はビエリ、ジラルディーノ、フォーゲル、ヤンクロフスキーにF・インザーギ(笑)とほぼ万全の補強(センターが一人欲しかった)。

今年もピルロ次第なところは変わらないんだろうけど、オリンピックのせいで出遅れることもないだろうし、ファンタジーなプレイをたくさん見せてもらいたいところ。それにしてもボールに逆回転をかけた柔らかくて優しい彼のロングは本当に素晴らしい。ロングに関しては今や世界一と言ってもいいのでは?

それにしてもFIFAのこの紹介はどうなんでしょう?
UEFA公式HP
一見覇気がなさそうって・・・。確かにプレイ中も目を空けてるのか分からないけど、仮にもジャンニ・リベラの再来とかロベルト・バッジョの後継者と呼ばれたこともある選手をつかまえて・・・。

0405-pirlo-4.jpg

| サッカー | 06:01 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

07 | 2005/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

k@z
k@z
某会社勤務の31歳。
最近はエドワード・ノートンに夢中。
ただし実物はエドワード・ノートンに似てもにつかわない。元ユニコーンのEBIに似ているらしい。
RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • (11/10)
  • chiekoa (11/22)
  • k@z (11/10)
  • えみ丸 (11/07)
  • k@z (11/07)
  • Julia (11/06)
  • えみ丸 (11/06)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。