Essay in Idleness

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
時間を切り取る(佐藤雅彦研究室展)
ギンザ・グラフィック・ギャラリーで行われている「佐藤雅彦研究室展 課題とその解答」に行ってきました。
佐藤雅彦さんといえばNHKの「ピタゴラスイッチ」や毎日新聞での「日本のスイッチ」、CMでは「バザールでござーる」や「ポリンキー」などで有名な方です。
最初は「ピタゴラスイッチ」の展示が目的だったのですが、展示されている作品の発想、佐藤さん風に言えば「考え方が生む表現」には本当に感心させられました。
その中でも特に印象に残ったのは「時間の積層」という展示でした。時を切り取り2次元の世界に落とし込む「写真」という表現方法の中に、「時間」というもう一つのファクターを付加する。写真は時と場所を切り取るものとしか認識していなかった私にはない発想(陸上競技や競馬の写真判定でよく目にはしていたのですが、この展示に出会うまではそんなことを考えたことはなく、自分の発想の未熟さを痛感しました。この表現方法はポーランドの映像作家リプチンスキーの「The Fourth Dimension」という作品を参考にしたものらしいのですが、そのリプチンスキーの映像作品が8/25日に発売されるらしいのでちょっと購入してみようかと考え中です)。
「四角い頭をまるくする」には良いとおもうので、機会があったら是非足を運んでみてください。

sato_labo.jpg

ギンザ・グラフィック・ギャラリー
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
リプチンスキー
http://www.imageforum.co.jp/zbig/
スポンサーサイト
| 日記 | 02:14 | トラックバック:2コメント:2
| ホーム |

07 | 2005/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

k@z
k@z
某会社勤務の31歳。
最近はエドワード・ノートンに夢中。
ただし実物はエドワード・ノートンに似てもにつかわない。元ユニコーンのEBIに似ているらしい。
RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • (11/10)
  • chiekoa (11/22)
  • k@z (11/10)
  • えみ丸 (11/07)
  • k@z (11/07)
  • Julia (11/06)
  • えみ丸 (11/06)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。