Essay in Idleness

今ここにいるぼくらは | main | モノをつくるということ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
大熊猫
メキシコ育ちのシュアンシュアンが帰国するとかなんとかで、ちょっと前に話題になってた、上野動物園のパンダ。
そーいえばパンダ見てないなぁ(まぁ当たり前か)などと思っていたら、嫁さんの妹から姪っ子を上野動物園に連れて行くとのこと。便乗させてもらいました。

上野駅の公園口改札を出ると、黒山の人だかり。
今、上野は何気に熱いんです。
プーシキン、パール、北斎にパンダ。
(動物園の後に北斎展に行ってきました。これについても機会があればどこかで・・・)

で話しは戻って、このパンダ。
もとは肉食(雑食)だったのが、笹好きが講じて体を笹仕様に変えてしまったとか。そのために一日十数キロの笹を摂取しなければならないらしい。好きなモノのために、文字通り自分自身まで変えてしまうとは。僕も自分の目指すもののためには・・・っといた方向の話しは今日はなし。
途中で眠ってしまった姪っ子をよそに、嫁と嫁妹、嫁母、嫁父そして僕と、大人達のほうが動物園で大はしゃぎ。
ゾウにペンギン、キリンにオカピ。
トラやライオン、ホッキョクグマ。
オカピは初めて。オカピが馬の仲間ではなくキリンの仲間ってのも初めて知りました。キリンは蹄が割れてるけど、馬は割れていないからだそうです。お尻のシマウマ模様といい、格好といい馬のほうが近いのにねぇ・・・。


そうそう実はこの上野動物園、31年間ほぼ東京に住んでいながら、幼稚園の年長以来25年ぶりの訪問だったのですが、嬉しいことがありました。

小さい頃の記憶。

ペンギンの見える木の下で、ピクニック用の赤や黄色の縞縞のビニールシートを敷いて、母親と食べるお弁当。
横には幼稚園の頃仲良しだったタイチくんとそのお母さん。
頭の上にはライオンやゾウ、いろんな動物の絵が描かれたねずみ色のモノレールが走っている。

僕が思い出せる、幼い頃の思い出の一つ、幼稚園の遠足の時の風景。

水色に塗られたペンギン達の水槽。
そこから少し離れたところには秋の優しい陽射しが淡い木陰を作っている。そして随分と小さくて低いところを走っていくモノレール。あの頃と比べると随分と僕の頭も、モノレールのレールに近づいたようだ。
その場に立つと、優しいような、いとおしいような、何ともいえない気持ちが込み上げてきた。
そんな、ある日曜の午後のひとときでした。

モノレールの名前が宝くじ号だったのが、なんだか胸に引っかかりますが・・・。
panda02.jpg

スポンサーサイト
| 日記 | 03:53 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://idleness.blog16.fc2.com/tb.php/57-06a74cb1
トラックバック
| ホーム |

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE

k@z
k@z
某会社勤務の31歳。
最近はエドワード・ノートンに夢中。
ただし実物はエドワード・ノートンに似てもにつかわない。元ユニコーンのEBIに似ているらしい。
RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • (11/10)
  • chiekoa (11/22)
  • k@z (11/10)
  • えみ丸 (11/07)
  • k@z (11/07)
  • Julia (11/06)
  • えみ丸 (11/06)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。